最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

更年期障害の症状の経過について

更年期障害の症状と経過

更年期は閉経の前後10年ほどの時期を指しますが、更年期障害の症状はどのような経過をたどるのでしょうか?これから迎える方は不安に思うこともあるでしょう。

感じないくらい軽度な方や、布団から起きられないほど重度な方まで個人差があり、本人が自覚していないケースもあるなど、一概にいうことはできません。

そこで今回は、一般的な経過や時期によって現れる症状をみていきましょう。

 

更年期の初期

一般的な閉経の年齢は50歳前後です。閉経の初期には、時期がずれたり2週間も続くケースがあったりと月経異常が訪れます。40台半ば頃になり月経異常が始まったら、そろそろ更年期に入る合図と考えていいでしょう。初期の更年期障害によくみられるのは、漠然とした不安や、軽い物忘れ、不眠などで気付かない方も多い軽い症状ですが、うつ症状になってしまうほどの重度の症状になるケースもあり個人差がみられます。

 

更年期の中期

この時期は更年期の代表的な症状は「ほてり」や「のぼせ」、寒い季節などでも突然汗が吹き出す「発汗」などでまとめて「ホットフラッシュ」と呼ばれるものです。

初期よりも体の変化や、気持ちの起伏を感じやすきなります。疲労感や肩こり、頭痛などの他に、膣の萎縮や乾燥などもあり、パートナーとよく話し合う必要がある時期でもあります。

 

更年期の後期

更年期の後期には女性ホルモンが長期に渡り欠乏していたことで、肥満や肌の潤いが減るなどの症状も洗われます。また、骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化など本格的な病気の心配も出てきますので、定期的に健康診断を受けることが重要になります。

 

 

更年期が重度になりやすい方は?

ホルモンバランスが崩れるのは、閉経時に誰にでもある症状なのに個人差が大きい原因はなんでしょうか?

基本的には、周囲の環境や、本人の元々の性格などによる外的要因が強いといわれています。

生理痛の場合も、毎月薬が必要な重度の人から、普段と同じ生活の出来る軽度の方まで様々ですね。

重度な方は「潜在性鉄欠乏性貧血症」を併発している場合もありますので、病院を受診することをおすすめします。また、軽度の方もサプリメントで女性ホルモンに似た物質を補うなど、体のケアをしていくことが大切です。

女性ホルモンに似た物質を補うサプリはこちら

 

まとめ

更年期障害の症状と経過は、初期には物忘れや不安感など軽い症状、中期にはホットフラッシュなど具体的に体に変化を感じる症状が出ます。後期は、肌の潤いがなくなり、肥満や骨粗鬆症などの本格的な病気の心配が出てきます。

更年期障害の症状は更年期サプリによって抑えられるものもあるので各成分がどのような症状に効くのかよく知りましょう。

更年期サプリランキングはこちら