最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

更年期障害の予防

cfe26d0bbe6fe80a31ee8401d4b7aa9e_s

 

ほてりやのぼせ、めまいを感じるようになったら更年期障害かもしれません。更年期障害の症状には個人差があり、生活できない状態になる人もいれば、あまり変らない人もいます。身体的な症状の人もいれば、精神的な病に悩まされる人もいます。また、発症する年齢も様々で一般的には40代後半から50代前半といわれていますが、人によっては30代から更年期障害になる可能性があります。早い段階から更年期障害の予防を意識することは大切ですので、ここでは予防方法と根拠について説明していきます。

 

★更年期障害になる原因

更年期障害は主に女性に見られる症状で、年齢を重ねるごとにエストロゲンが減少していくため女性ホルモンのバランスが崩れ、それが自律神経のバランスを乱し、症状に表れてきます。身体的な症状は、「ほてり」「のぼせ」「めまい」「動悸・息切れ」などです。他の病気とも勘違いしやすいので気をつけてください。精神的には、イライラしたりうつ状態になったり、生活していく気力を失っていきます。エストロゲンの減少は誰にでも起こりうるものなので、100%の改善はできませんが、予防することで生活を楽にすることはできます。更年期障害の予防は、健康でありつづけるために必要なことばかりですので、早めの対策が損をするようなことはありません。

 

★ビタミンEとカルシウムの摂取

ビタミンEは、血行の循環をよくしてくれるため、ホルモンバランスの崩れを抑える働きをしてくれます。かぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれています。年配の女性に不足しがちなのがカルシウムです。カルシウムが不足すると血管が老いていきやすくなり、更年期障害を発症しやすい体を作ってしまいます。ビタミンEにしてもカルシウムにしても、日ごろの食生活を見直す必要があります。40代、50代になってから見直すのではなく、早い段階から見直しをしておくと健康のキープにもつながります。

 

★適度な運動でストレス発散

更年期障害の予防に食事と同じように大切なのが適度な運動です。運動をすると内臓や体内の細胞が活性化して、血液の循環が良くなります。更年期障害で寝不足の症状が出る人もいますが、適度な運動をしてストレス発散できれば、ぐっすりと深い眠りに入ることができるようになるのです。

 

まとめ

更年期障害は心身的にも精神的にも辛いものです。事前にしっかりと予防しておく事が大切であり、予防を意識することは健康を維持することにもつながります。ビタミンEやカルシウムを積極的に取るようにして食事のバランスを見直し、適度な運動でストレスを発散させていくことが重要です。

更年期サプリランキングはこちら