認知症の原因

認知症に悩む方や認知症の家族を抱えているという方は、少なくないと思います。

そんな認知所ですが、どのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか?

 

★アルツハイマー型認知症の原因

アルツハイマー型認知症は脳にアミロイドベータと呼ばれるたんぱく質がたまってしまうことで、正常だった神経細胞が破壊されることで起こってしまうのです。

 

脳萎縮が起こってしまうのがアルツハイマー型の認知症の特徴ですが、

脳細胞の破傷によっておこってしまうのです。

 

加齢や遺伝が原因であることが知られていますが、

糖尿病・高血圧など持病を持っている方がアルツハイマー型認知症になる可能性が高いとされています。

 

つまり生活習慣の改善が予防として効果的であるといえるのです。

アミロイドβの抑制に効果があると言われているサプリメントとして

プラズマローゲンがあります。

 

★脳血管性認知症の原因

脳血管性認知症は、脳梗塞・脳出血などの脳の病気

によっておこってしまうものです。

 

脳の血管が詰まってしまうと梗塞されている部分が増えてきて、

脳が正常に機能できなくなってしまうのです。

 

運動障害が起こるケース、

認知症として症状が現れるケースもあります。

 

高血圧・高脂血症・糖尿病などがあると、

脳の血管の病気になる可能性が高くなるので、

アルツハイマー型認知症の場合と同様に

生活習慣の改善が大事になります。

 

★ レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症は、

レビー小体と呼ばれるたんぱく質が脳に蓄積されることで

脳の萎縮が引き起こされるのです。

 

パーキンソン病とも関連があるために、

とても難しい症状ともいえるのです。

 

しかも原因となるレビー小体がどのように発生されることになるのか?

ということは、まだ分かっていません。

改善がしにくい認知症なのです。

 

★認知症の危険因子と予防

認知症の多くを占めるアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症は、

生活習慣病との関係がわかっています。

 

つまり生活習慣を良いものにすることで、

認知症の危険因子を取り除くことが出来るのです。

 

危険因子をしっかりと取り除くことが、認知症への予防につながるのです。

これから認知症についての心配を抱えている方であれば、

ぜひ生活習慣の改善を取り入れてみてください。

 

原因に即した正しい予防策を講じることで、

認知症の発症・進行を遅らせることが出来るかもしれません。

 

まとめ

脳細胞の損傷によって起こってしまう認知症ですが、

多くの場合生活習慣の改善によって発症や進行を遅らせることが出来ます。

 

認知症の危険因子と予防法について正しい知識を持っているのであれば、

認知症と正しく付き合うことが出来るようになります。

 

認知症に効くサプリ「プラズマローゲン