多くの方が満足されています

最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

更年期障害時によくないもの

更年期障害時によくないもの

更年期障害は閉経の影響で、体や心に様々な症状をもたらしますが、生活習慣を見直すキッカケともなります。

ホルモンバランスが崩れている体はデリケートで、健康時と同じ生活をしていると症状が悪化してしまうこともあり、お酒やタバコなど刺激の強いものは注意が必要です。

今回は、更年期障害によくないものについて詳しくみていきましょう。

 

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とはスナック菓子や、マーガリンやショートニングに含まれている不飽和脂肪酸で、「食べるプラスチック」と呼ばれることもあり、使用を規制している国もあるほどです。

このトランス脂肪酸は、ホルモンバランスを崩したり老化を促進するため、更年期の時には特によくないと食べ物です。外食やテイクアウトの食品に頼っていると、摂取量が多くなる傾向にあるので、なるべく自宅で調理するよう心がけましょう。

 

カフェイン

リラックス目的や、習慣的にコーヒーや緑茶などカフェインの多い食品を摂取する方も多くいらっしゃいます。しかしこのカフェインは、更年期障害の代表的な症状であるホットフラッシュを悪化させる作用があることが最近分かってきました。

カフェインの興奮作用によって情緒が不安定になる場合もあり、あまりおすすめできません。

しかし、今までの習慣を無理に変えるのもストレスとなるため、ノンカフェインの製品に替えるなどの対策をするといいでしょう。

 

お酒・タバコ

お酒やタバコは、ストレス解消のために欠かせないアイテムといった方もいますね。

しかし、更年期障害中の飲酒・喫煙にはそれまでに無いリスクが存在します。

お酒の場合には正常な状態と同じペースで、飲んでいると悪酔いしやすかったり、ほてりや動悸といった症状の引き金になるだけでなく、依存症になる確率も高くなります。

タバコは女性ホルモンのエストロゲンが減少する効果があるため、更年期障害が加速し、重症化しやすくなるのでおすすめはできません。

 

その他にも

高コレステロールな食事や、塩分の高い食事、甘い食べ物なども更年期障害にはよくありません。更年期が終わったあとも、病気の原因になりやすいので控えめにしていくことをおすすめします。

しかし、あまり厳密に除去するとストレスになり逆効果となりますので、臨機応変に対応することも必要ですね。

更年期サプリランキングはこちら