多くの方が満足されています

最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

ホルモン補充療法(HRT)とは

ホルモン補充療法とは

 

女性の更年期障害の原因は、女性ホルモンの低下によるものです。40代から50代くらいの女性に多く見られ、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が低下すると「のぼせ」や「めまい」や「不眠症」といった更年期障害の症状が見られるようになります。自律神経失調症状は珍しいものではなく、誰もが年齢を重ねていくと発生するリスクがあるものです。更年期障害による自律神経失調症状は、ホルモン補充療法(HRT)で改善させることができます。ここでは、ホルモン補充療法の説明と考えられる副作用やリスクについてまとめます。

 

★ホルモン補充療法(HRT)とは?

日本ではあまり知られていないのですが、海外ではホルモン補充療法(HRT)を利用するのが50%以上という国もあるくらいメジャーな更年期障害対策と言えます。女性は40代から50代になってくると、女性ホルモンが減少して更年期障害を起こすようになります。ホルモン補充療法(HRT)とは減少したホルモンを補充する治療法であり、急激な減少を抑えてくれる役割があります。それによって、自律神経失調症状における様々な症状を緩和、予防してくれるようになるのです。「ホルモンを補充する」というキーワードが日本ではあまり受け入れられないのかもしれませんが、更年期障害を予防する非常に有効な方法ですので、普段からめまいや不眠で悩まれている人は試してみてはいかがでしょうか。

 

★ホルモン補充療法(HRT)のメリット

女性ホルモンが補充されることで、身体的だけではなく、精神的にも活力が生まれてきます。更年期障害では、精神を悪化させる症状も見られており、イライラする、ストレスが溜まるといった身体的影響につながるような症状があるのです。また、女性ホルモンが正常に近づいてくるとアンチエイジングの効果にもなります。他には骨を強くする効果やコレステロール値を抑える働きもあります。

 

★ホルモン補充療法(HRT)のデメリット

誰もがホルモン補充療法(HRT)を利用できるわけではありません。乳がんの治療をしている人や子宮がんの患者さんはホルモン補充療法(HRT)ができません。また、性器から出血するなどのリスクも考えられますので、ホルモン補充療法(HRT)で違った変化が現れるようなことがあれば、すぐに担当医師に相談するようにしてください。

 

まとめ 

 

40代を超えてくると女性の多くが更年期障害に悩むようになります。急激な女性ホルモンの低下は、自律神経失調症状を引き起こし、様々な生活シーンの阻害につながります。ホルモン補充療法(HRT)を利用すれば急激なホルモン低下をやわらげ、更年期障害を予防する事ができるようになります。メリットとデメリットをしっかりと把握した上で、利用の検討をしてみてください。

更年期サプリランキングはこちら