多くの方が満足されています

最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

骨粗鬆症は予防できる!

骨粗しょう症は予防できる

 

更年期障害が出始める年齢になると、骨粗鬆症の症状も気になります。

日本人の60歳以上では、50%以上の方が骨粗鬆症と言われており更年期障害と同じように問題となっています。そして更年期障害と同じように、骨粗鬆症にも女性ホルモンが影響しています。

体がだるい、眠れない、熱く感じるといった更年期障害の症状を感じるようなことがあれば、定期的に骨密度を検査してみるといいでしょう。

ここでは、女性ホルモンと骨粗鬆症の関係についてまとめていきます。

 

★骨粗鬆症の要因

人間の体は、大人になってからそのままの状態になっているのではなく、絶えず代謝を続けていますよね。骨についても同じことで、骨代謝を続けているのです。

古い骨の細胞は排出されていき、新しい骨の細胞が出来上がっていく流れがずっと続いていることになります。

新しい骨を作り出すために必要なのがエストロゲン、つまり女性ホルモンになります。

女性ホルモンが減少していくことで、古い骨が早く壊れていき、新しい骨を作り出すことが追いつかなくなるため、骨密度が落ちていき骨粗鬆症になってしまうのです。

女性ホルモンが正常に活動していない状態は、年配の方だけに限った問題ではありません。

無理なダイエットをしている、偏った食生活をしている、といった習慣を送っていれば、若い女性にも可能性があることを理解しておきましょう。

 

★喫煙や飲酒習慣が骨粗鬆症を引き起こす

骨にはたくさんのカルシウムが含まれています。牛乳を飲んだら骨が強くなるのはみなさん知っていますよね。喫煙や無茶な飲酒習慣が続くと骨がカルシウムを吸収しにくくなります。また、喫煙やお酒が女性ホルモンのバランスを崩してしまうこともあります。骨粗鬆症を予防するためには、喫煙や無茶なお酒の飲み方は控えた方がいいでしょう。

 

★プロゲステロンが予防になる

女性ホルモンには大きく分けて2種類あり、エストロゲンの他にプロゲステロンという成分があります。

このプロゲステロンは新しい骨の成長を助けてくれる事が分かっています。エストロゲンは骨が失われていくのを防ぎ、プロゲステロンは新しい骨を作り出す。どちらにしても女性ホルモンが重要ということですね。

骨粗鬆症の予防方法の中には、プロゲステロンを利用する方法もあります。

 

◎まとめ

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の成分が含まれています。

更年期障害と同じように問題となっている骨粗鬆症は、女性ホルモンの減少が要因の一つとなっています。

エストロゲンは骨を守り、プロゲステロンは骨を作るために働きます。

タバコやお酒を出来るだけ控えてカルシウムを失わないようにし、女性ホルモンの分泌を助けるようにして骨粗鬆症の予防につとめるようにしましょう。

 

更年期サプリランキングはこちら