多くの方が満足されています

最新記事

もっとみる

更年期サプリ一覧

格更年期サプリの口コミ

認知症サプリメント

soycheck/体内でエクオールが作れているかチェックできる!

女性ホルモン力を上げて不調を治す本

更年期障害に効く食べもの

avocado-713094_640

 

ホルモンバランスが崩れると自律神経に影響して更年期障害が起こります。日ごろからストレスに弱い人が更年期障害になりやすいと言われているのは、ホルモンと自律神経に深いかかわりがあるからです。

ホルモンバランスの崩れと自律神経、それらに作用する栄養素と食材についてまとめていきます。

 

★ホルモンと自律神経

更年期障害は女性ホルモンの分泌が著しくない時に起こります。

女性ホルモンは、卵巣の他に副腎皮質で作られます。副腎皮質の大きな役割は2つあります。

1つが女性ホルモンを作り出すこと、そしてもう1つが糖質コルチコイドと電解質コルチコイドを作り出すことです。

ストレスなどによって自律神経に影響がでてくると、副腎皮質はが糖質コルチコイドと電解質コルチコイドを優先的に作ります。そのため、ストレスがあると必要とされる女性ホルモンが不足するのです。更年期障害を抑制させるためには、ホルモンに作用する栄養素と食材と自律神経に作用する栄養素と食材を考えるのがべストです。

 

★ホルモンに作用する栄養素と食材

血液の流れをよくするためにはかぼちゃやアボカドといった食材がいいでしょう。これらにはビタミンEが豊富に含まれており、ホルモン分泌調整作用もありますので、体内のホルモンバランスが取れるようになってきます。

またホルモンバランスを整えるのは亜鉛も良いです。牡蠣やレバーに多く含まれていて、かぼちゃでビタミンEを摂取するのと同じように意識をしてみてください。ホルモンバランスを整えるためには、血液の流れを考えたメニューにしてみてください。

 

★自律神経に作用する栄養素と食材

自律神経に作用する栄養素は、ビタミンCが挙げられます。

年齢を重ねてくると「あれ?昔よりイライラするようになった」と感じることも多いのではないでしょうか。ビタミンCを多く摂るとイライラを改善させることができ、ストレスの軽減になりますから自律神経への影響を下げることができるのです。

レモンも良いですが、ブロッコリーやほうれん草といった緑黄色野菜から摂取するのが適していると言えます。ホルモンバランスを整える亜鉛も効果がありますので、合わせて献立を立ててみてください。食べ過ぎる必要はありませんので、バランスが取れたメニューを考えてみてください。

 

まとめ

更年期障害に効く食べものを考える際は、ホルモンと自律神経の両面から見るようにしましょう。ビタミンEや亜鉛はホルモンバランスを整えるのに効果があり、自律神経に影響するのは、ビタミンCが一番です。日ごろからバランスが取れた食事の献立が大切です。

更年期サプリランキングはこちら